2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Twitter

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« あ〜ぁ | トップページ | リアディレーラー交換、復活! »

2010年11月25日 (木)

マフラー交換記

以前からやってみたかったマフラー交換を実行してみました。

Dsc01921

今回用意したマフラーはトラストのMXマフラー(中古品)。

トラスト製品はインテリジェントインフォメーターに続いて2つめです。

ヘタレなので、某自動車用品量販店で取り付けてもらおうかと思い、店員さんに聞いてみることにしました。

「あの~、マフラー交換ってやってもらえますか?」 「純正ですか?」 「いいえ、社外です」 「新品ですか?」 「いいえ、中古で…」 「あ~、すみません。お取扱いできないです。」

Dsc01923…ということで他力本願は断念。ウマやガスケットなどなどを買って帰って自分でやることにしました。

タイヤ交換以外でジャッキを使うのは初めてなので、ウマかけて、ジャッキは下げず、加えてタイヤをサイドシルの下に突っ込んで、徹底したチキンぶりを発揮しつつ準備完了。

Dsc01922

右後輪を外すとそれほど苦労することなく、リアピースとセンターパイプの接合部が見えましたが…

固着していてめっちゃ硬い…とりあえずクレ5-56を吹いて、30分くらい放置してから作業開始したら、今度はあっさり回って、勢い余って顔面をフェンダーで強打しましたよ…

Dsc01924

中腰の姿勢のままで体中痛くなりつつ、なんとか純正マフラーを取り外し完了。最後の吊りゴム外すと同時に思いっきりマフラー落っことしましたよw

とりはずした純正マフラー、ぼろぼろになってました。13年間お疲れ様。

Dsc01932

さて、並べてみるとトラストマフラーとテールの大きさが全然違うw(マフラーカッター付純正:50φ、トラスト:102φ)本当に付くのか不安になりました。

この後は買ってきた新品の吊りゴムをトラストマフラーにつけて、車両にマフラー搭載!…と、思ったら、あれ、全然ゴムが嵌まらないんですが…裏面を見てみるとK11マーチ用はBタイプって書いてあるぞ…店頭に置いてあった適合表ではCって書いてあったはずなんだけどなぁ…などと言っていても始まらないのでマフラーレス状態のマーチを動かすわけにいかないのでそのままにして、チャリでBタイプの吊りゴムを買いに走りました。

(BとCは寸法は同じで、穴の大きさが違うだけのようです。)

気を取り直して再度車両にマフラー搭載!…マフラーが案外重くてまたもや思いっきり落としました。改めて買ってきたBの吊りゴムだとスポっとフックにかかってくれました。とりあえず一安心。あとは、新品のガスケットをはさんで、フランジボルトをしっかり締めて、排気漏れてないかチェックして…完成です。

いい感じに頭が悪そうになりましたwマフラーの切り欠け部分にちょうどおさまって一安心。(K11用なのだから当たり前ですが…^^;)若干音がでかくなってクラッチ操作がしやすくなった気がします。水温が以前より若干下がったような感じです。さらに、2000回転より上あたりで前より力強くなったような気が…っと、これはプラセボでしょうねw

【2011/1/16追記】

Dsc01944

今回の作業でせっかくウマも買ったので、今後安心して前後2輪を一気にジャッキアップできるようにK11(FF車)のフロアジャッキ用のジャッキポイントを調べてみました。

ソースはディーラーのメカのおねえさんと『ジャッキアップポイントハンドブック 平成22年版』です。

なお、車載のパンタジャッキやサイド用の油圧ジャッキを使う場合は取説に記載のサイド4箇所を使ってください。

P1010827

フロントはこちら。

車体中央を通っているセンターメンバーという桁の前端部分にあるボルトが2本付いた丸い部分です。

バンパーの下をのぞくと見つかります。

P1010829

リアはこちら。

バンパーの下についているフックの部分です。

ただし、ディーラーではあんまりフックを使ってのジャッキアップはしないとのこと。リフトを使って上げちゃうんでしょうかね。

Z10キューブのFF車も同様のポイントが使えるようです。

« あ〜ぁ | トップページ | リアディレーラー交換、復活! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マフラー交換記:

« あ〜ぁ | トップページ | リアディレーラー交換、復活! »